ミラドライの効果・副作用

わきの皮膚を傷つけることなく、わきが・多汗症を治療できるミラドライ。
いくら日帰りで気軽に受けられて傷跡も残らないといっても、やっぱり肝心なのは治療の効果ですよね。

ミラドライによって得られる治療効果とミラドライの副作用について、沖縄マリアクリニックがご案内いたします。

ミラドライの効果・副作用について沖縄マリアクリニックが解説

1回のミラドライ治療で得られる効果とは

効果にはどうしても個人差がありますが、ミラドライ治療1回あたりの効果としてはわきの汗腺の7割~8割を破壊というのが一つの目安です。
つまり、わき汗とわきが臭が7~8割ほど減少するとお考えください。

従来のわきが・多汗症治療は、「わき汗を減らす」「わきが臭を抑える」のどちらかにしか十分な効果が見込めないものがほとんどでした。
一方で、ミラドライはわき汗とわきが臭の両方に効果を発揮するというのが大きなポイントです。

重度のわきが・多汗症の方でも1回の治療だけでご満足いただけること多いですが、汗や臭いというのはどうしても感覚的・主観的なものです。
沖縄マリアクリニックでは、より確実な高い効果をご希望の方のために、保証付きの治療プランもご用意しております。

 ミラドライの1回あたりの効果は、「汗・臭いの7~8割減」

ミラドライの治療効果の持続期間

ミラドライによって破壊された汗腺は、再生することはありません。
そのため、治療効果は半永久的に持続します。

「ミラドライは、治療後しばらくすると症状が再発する」という噂もしばしば耳にしますが、ミラドライに十分に精通した医師によって正しく治療が行われれば、再発して元通りになってしまうような心配はありません。

ただし、ミラドライの治療から1か月ほど経過すると、「治療直後は汗も臭いもほとんどなくなったのに、再発してきた……?」と感じることがあるのは確かです。
これは、ミラドライで破壊しきれなかった残りの汗腺が、ミラドライのダメージから回復したことが原因です。
治療の失敗などではなく、ミラドライの正常な作用ですのでご安心ください。

ミラドライの治療効果は半永久的に持続する

ミラドライの副作用

ミラドライが登場してまもない頃は、まだ治療技術が確立されていなかったことから、重い副作用が発生するリスクが指摘されていました。
しかし、ミラドライの症例研究・治療法の改良が進んだ現在では、重い副作用の心配はほとんどありません。

とはいえ、ミラドライの治療直後には、一時的な副作用の症状が出ます。
代表的なものとしては、以下のものが上げられます。

ほとんどの方に生じる副作用

  • わきの腫れ・痛み
  • わきのボコボコとした違和感
  • 麻酔注射によるあざ
  • わき毛の減少

稀に生じる副作用

  • 腕や胴の腫れ
  • わきの色素過剰
  • 脇部分の硬化
  • 一時的な腕の力・握力低下

「わき毛の減少」以外は、いずれも数週間~半年ほどで落ち着く一時的なものです。

沖縄マリアのミラドライ治療は、
効果の高さ・副作用の少なさを追求

ミラドライは、治療方法によって効果と副作用に大きな差が出る治療です。
だからこそ、ミラドライを受けるクリニック選びはとても大切。

マリアクリニックグループは、ミラドライが日本に上陸した当初からミラドライを導入し、症例研究に努めてきた医療機関です。
当院のミラドライ治療は、患者さまの身体への負担を最小限に抑えながら、治療効果を高めることを徹底追求しています。

「ミラドライは効果がイマイチって聞いたから不安……」
「副作用で腫れがなかなか引かなかったら嫌だな……」

こんなあなたにこそおすすめしたいのが、沖縄マリアクリニックのミラドライ治療です。
沖縄マリアのミラドライの特徴をもっと詳しく >

沖縄マリアクリニックのミラドライは、効果の高さ・副作用の少なさを追求

ミラドライ 詳細メニュー

ページの先頭へ戻る