沖縄マリアのケミカルピーリングで、つるんとした卵肌に。 沖縄マリアのケミカルピーリングで、つるんとした卵肌に。

ケミカルピーリングとは?

ケミカルピーリングは、薬剤を使ったスキンケア治療

ケミカルピーリングは、薬剤を使用してお肌の古い角質や毛穴の汚れを取り除くスキンケア治療です。
卵をむくように現状の肌トラブルを綺麗にするというだけではなく、お肌の自然な生まれ変わりを促し、ニキビなど肌トラブルの起きにくい健やかなお肌へ導く効果もあります。

「ケミカル」というなんとなく怖そうな名前の印象から、「痛そう」「治療後は顔が赤く腫れあがるのでは…?」と心配される方もいらっしゃいますが、ご心配は不要です。
痛みやダウンタイムもほとんどなく、施術直後からお化粧もしていただけます。

エステ感覚で気軽に受けられる、美肌づくりのスタンダードとも言える治療法です。

ケミカルピーリングの仕組み

①古い角質・汚れが溜まった肌

肌のターンオーバーが乱れて古い角質や汚れが溜まった状態

「ターンオーバー」ということばを耳にしたことのある方も多いことでしょう。
ターンオーバーとは、お肌が生まれ変わるサイクルのことです。

健康なお肌は約28日の周期で新しく生まれ変わりますが、紫外線やストレス、生活習慣の乱れ、加齢などによりこのターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、図のように古い角質や汚れが排出されずに肌に溜まってしまいます。
こうした古い角質や汚れはニキビや毛穴の黒ずみといった肌トラブル引き起こすほか、暗いベールのようにお肌を覆ってくすませてしまうのです。


②古い角質・汚れをピーリング剤で溶かす

ケミカルピーリングの薬剤で古い角質・汚れを浮かせる

肌表面に溜まった古い角質や毛穴の汚れをピーリング剤で溶かして浮かせ、取り除きます。
さらに、ピーリング剤(グリコール酸)の強力な殺菌作用により、ニキビの原因菌を殺菌します。

適度にピーリングが進んだら中和剤を塗布して拭き取ります。
健康なお肌にまでダメージを与えてしまう心配はありませんので、ご安心ください。


③新しいお肌に生まれ変わり&内側から弾力もアップ

ケミカルピーリングの後には新しいお肌に生まれ変わる

ピーリングの後には、新しい綺麗なお肌が出てきます。
また、ピーリング後は古い角質を取り除いたぶんお肌が薄くなるため、真皮では肌の厚みを元に戻そうとしてコラーゲンの生成が活発になります。
そのため、ケミカルピーリングの施術後は肌のハリ・弾力がアップします。


ケミカルピーリングの効果

健康なお肌の細胞は、およそ28日ごとの周期でターンオーバー(生まれかわり)を繰り返しています。
しかし、紫外線やストレス、生活習慣の乱れ、加齢など様々な原因によってターンオーバーが滞ってしまうと、古い角質や汚れがお肌に溜まりニキビなどあらゆる肌トラブルを引き起こしてしまいます。
ケミカルピーリングには、古い角質や皮脂の汚れを除去することでお肌のターンオーバーを促進し、トラブルの起きにくい肌にする効果があります。

ケミカルピーリングがもたらす効果として、代表的なところでは以下のような効能が挙げられます。


ニキビ・ニキビ跡

お肌のターンオーバーを促進することで、ニキビ跡の色素沈着を薄く改善させます。加えて、高い殺菌効果によってニキビの炎症を鎮める効果もあります。


毛穴開き・黒ずみ

ケミカルピーリングは古い角質と一緒に毛穴に詰まった皮脂や汚れも溶かす効果があります。
開き毛穴や黒ずみ毛穴を改善し、キュッと引き締まった毛穴レス美肌に。


しみ・くすみ

お肌のくすみの原因である古い角質を取り除くことで、一皮剥けたクリアなお肌に。
また、ターンオーバーによってメラニン色素の排出を促し、シミを薄くする効果もあります。


ハリ・小じわ

表皮の角質を取り除くことで真皮のコラーゲンの生成が促され、お肌の保水力がアップする効果もあります。
気になる小じわを改善して、ハリのある若々しいお肌に。


バイオニックセルサー(イオン導入)との
相乗効果で効果アップ!

ケミカルピーリングはそれ単体でも高い効果のある治療ですが、バイオニックセルサー(イオン導入)と組み合わせると、相乗効果でさらに高い効果を発揮します。

バイオニックセルサー(イオン導入)は、微弱な電流の作用で美容成分をお肌の奥深くまで浸透させるという施術です。
こちらもケミカルピーリングと同じく。痛みなくリラックスして受けていただける施術です。
導入する成分としては、ニキビ肌・美白によく効くビタミンCや、年齢肌におすすめのプラセンタをご用意しております。

ケミカルピーリングの施術直後のお肌は、いちばん外側の層が取り除かれた状態ですから、バリア機能も弱まっています。
その状態のお肌にイオン導入を行うと、通常よりもさらにしっかりと美容成分を浸透させることができるのです。

バイオニックセルサー(イオン導入)について詳しくはこちら >

ケミカルピーリングの料金表

回数 料金(税別)
1回 6,000円
5回 28,500円

ケミカルピーリングQ&A

エステサロンのピーリングとの違いは何ですか?

そもそも、ケミカルピーリングは医療機関でしか行うことのできない施術です。
昔はエステサロンでもケミカルピーリングが行われていましたが、火傷などのトラブルが多発し、数年前に厚生労働省によって禁止されました。


現在エステサロンで行われているピーリングは、薬品ではなく「化粧品」を使ったものです。
さらに、ニキビなどの肌トラブルの治療を目的としたものではなく、あくまで肌に透明感を与える・整えるという施術に留まります。

したがって、クリニックで医師の診断の元で受けられるケミカルピーリングの方が、格段に効果が高く、安全性も高いと言えるでしょう。

ケミカルピーリングのアフターケアで必要なことはありますか?

ケミカルピーリング後のお肌は、とてもデリケートで刺激に弱い状態です。

乾燥しやすくなっているため、まずは十分な保湿ケアをお心がけください。ただし、新しい化粧品を使うのは避けることをおすすめします。
加えて、施術後しばらくの間は、紫外線によるダメージを受けやすい状態にあります。外出の際は日焼け止めを塗るなど、紫外線対策も万全に行うよう心がけてください。
また施術後に皮膚がむけてくることがありますが、その際無理にはがさないよう注意してください。自然にはがれるのを待ちましょう。

ケミカルピーリングには副作用はありますか?

ケミカルピーリングは、医療機関でしか扱えない強い薬品を使った施術です。
上でご紹介したとおり、十分な知識をもたない施術者がケミカルピーリングを行うと重度のヤケドなどのリスクがあります。
しかしながら、医師の的確な診断のもとで行うケミカルピーリングであれば、基本的には重い副作用が発生するリスクはほとんどありません。

ケミカルピーリングの施術中や施術直後には、軽いかゆみやピリピリ・むずむずした感覚を生じることがあります。

これは古い角質がはがれることによる通常の作用であり、すぐに治まるものですのでご安心ください。

また、ごくまれにお肌に赤み・炎症を生じることがありますが、こちらも十分な冷却・鎮静を行えばすぐに治まります。
お肌が敏感で炎症を起こしやすい方など、不安な点はお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る