わきが・多汗症の基礎知識

わきがとは

わきがは医学的には「腋臭症」と呼ばれ、その名の通りわきの下から独特の悪臭が発生してしまう症状のことです。
わきがは遺伝の傾向が強く、片親がわきがの場合50%、両方の場合は80%で遺伝すると言われています。
また、欧米の80%の人にわきがの症状がみられるのに対し、日本人では10%程度と欧米に比べて少なく、それゆえに目立ってしまう傾向にあります。

わきが(腋臭症)とは、わきの下から強い臭いを発生する症状のこと。

「アポクリン腺」がわきがを引き起こす

わきがの原因であるアポクリン汗腺は、外耳道・わきの下・外陰部に分布している。

わきがの独特なにおいの原因は、「アポクリン腺」という特殊な汗腺です。
アポクリン腺は、わきの下・乳輪・外陰部・外耳道といった体の限られた部位に存在し、乳白色や若干黄色がかった色の汗を分泌します。
この汗が皮膚の雑菌によって分解されると強い臭いとなります。

わきが体質というのは、このアポクリン腺の数が生まれつき多く、発達している体質のことです。
一般的に「わきが手術」と呼ばれる手術は、わきを切開してこのアポクリン腺を手作業で取り除く手術です。
アポクリン腺は肉眼で見える大きさのため、1つ1つ手で取り除くこともできるのです。

なお、アポクリン腺から分泌される汗の量は、食事などの生活習慣によっても変化します。
肉類や脂質の多い食生活をしていると、アポクリン腺からの発汗量が増えて、本来わきが体質でない方でも後天的にわきがの症状が出ることがあります。

多汗症とは

多汗症とは、気温の上昇などに関係なく多量の汗をかいてしまう症状です。
わきの下に局所的に汗をかく多汗症(腋下多汗症)が特に多いケースですが、他にも手の平や顔に多量の汗をかく症状や、全身から汗が出る多汗症もあります。
暑い時に多量の汗をかいてしまう「汗っかき」と多汗症は厳密には異なるものですが、汗が多くて困るという点では同じだと言えるでしょう。

多汗症はわきがとは異なり、生まれつきの体質というよりは、後天的に発症するケースが大半です。
ホルモンバランスの乱れやストレス等が原因で、発汗を促す交感神経が過剰にはたらき、必要以上に多くの汗を分泌してしまうのです。

多汗症とは、暑くないのに多量の汗をかいてしまうこと。

多汗症の汗は「エクリン腺」から分泌される

エクリン腺とアポクリン腺・皮脂腺のイメージ

エクリン腺は、全身に分布している汗腺です。
人間の体に約数百万にのぼり、肉眼ではほぼ見えない小さい汗腺です。
ここから出る汗は無色透明でほぼ臭いもないという点が、アポクリン腺との大きな違いです。

ただし、夏場などの蒸れやすい環境下では、表皮の雑菌と混じることで汗臭いにおいを発生します。

わきがと多汗症は併発することも多い

ご紹介してきた通り、同じ汗の悩みでも、わきがと多汗症はまったく原因の異なる症状です。

ただし、わきからエクリン腺からの汗が多量に分泌されると、アポクリン腺からの汗が混ざって皮膚の上で広がりやすくなります。
すると、アポクリン腺からの汗が少量の場合、つまり本来わきが体質でない方であっても、強いにおいを発するようになるのです。

「わき汗の量の多さもわきが臭も、両方とも気になる」という方が多いのはこのためです。

ミラドライはわきが・多汗症の両方に効果的

メスを使う手術をはじめとするこれまでの治療法は、わきが・多汗症のどちらか一方にしか十分な効果が出せないものがほとんどでした。

その中で、ミラドライであればわきがも多汗症も一度に治療できるという点が大きなポイントです。
マイクロ波により、アポクリン腺・エクリン腺の両方を効果的に破壊することができるためです。

わきが・多汗症のどちらか一方でお悩みの方はもちろん、この両方でお悩みの方にこそおすすめしたいのがミラドライです。
わき汗に関するお悩みは、沖縄マリアクリニックのミラドライにお任せください。

沖縄マリアのミラドライについてもっと詳しく >

ミラドライはわきがも多汗症も一度に治療できる

ミラドライ 詳細メニュー