脱毛の副作用

永久脱毛効果のあるレーザーには
副作用がある!?

医療用レーザーによって重篤な疾患が発生するような副作用はございません。

しかし、まれにレーザーの熱による火傷や炎症がお身体への負担を引き起こすことがあり、脱毛による副作用はゼロではありません。今回は医療レーザー脱毛で起こりうる副作用とその対処法についてご紹介致します。

医療レーザー脱毛の副作用について沖縄マリアクリニックが解説

医療レーザー脱毛の副作用① 
やけどによる炎症

医療レーザー脱毛では、体毛に含まれる黒い色素「メラニン」にレーザーが反応する仕組みを利用しています。このレーザーが熱を発生させ、発毛組織を破壊することで永久脱毛効果を得ることができます。
その際、熱によって皮膚がやけどのような状態になり、炎症を引き起こすことがあります。

代表的な症状としては、ヒリヒリとした痛みやかゆみ、赤みなどがあり、光脱毛でも同様の症状が起きる場合があります。皮膚が薄い部位や毛が濃く密集しているVIOや脇などは、熱が加わりやすいため赤みが起きやすい傾向があります。
いずれにしても、ほとんどの場合は当日中~3日後には症状が治まりますので、ご安心ください。

やけどによる炎症への対処

炎症を防ぐために、レーザーの出力を下げて施術を行う場合がありますが、脱毛効果が落ちてしまうデメリットがあります。
沖縄マリアクリニックでは、単純に出力を下げるのではなく、患者様お一人おひとりの毛質や肌質に合わせて、脱毛機の種類やモード、出力を細かく調整します。
赤みが出やすい方には冷却時間を長めにとるなど、施術時には個別に対応を行っておりますので、痛みやかゆみなどを感じた際はお気軽にお申し出ください。

また、こうしたやけどによる痛みやかゆみは、炎症を鎮静化する薬を塗布することで治まります。
当院では、脱毛初日のお帰りの際にステロイド剤を無料で処方しておりますので、脱毛後の炎症がおつらい場合はこちらをお使いください。
数日たっても赤みや炎症が収まらない場合は、医師が再診察し、必要であればお薬を処方いたします。

やけどによる炎症の予防のために

肌がやけどや炎症を引き起こすと、皮膚はとても乾燥した状態になります。かゆみや赤みが引いたとしても、そのままでは皮膚はまだ乾燥した状態です。
乾燥肌は熱が皮膚に伝わりやすくなるため、やけどを起こしやすくなってしまう危険性もあります。つまり、お肌の保湿は非常に重要です。
また、乾燥した肌にレーザーを照射すると肌の水分が奪われ、さらに乾燥が悪化してしまうため、普段からこまめな保湿を心がけましょう。

医療レーザー脱毛の副作用② 
硬毛化

硬毛化とは、脱毛施術後に毛が太くなってしまう症状です。はっきりとした原因はわかってはいませんが、発毛組織を破壊するまでに至らなかった熱が、かえって毛根を刺激してしまい、活性化した毛穴から太い毛が生えてしまうことが原因だと考えられています。
熱を集めにくい産毛が多く生えている背中や顔の脱毛で起きやすいと言われています。

硬毛化への対処

硬毛化になりにくいレーザーを使用することで対処することができます。また、硬毛化してしまった際の対処を明言しているクリニックを選ぶことがおすすめです。

沖縄マリアクリニックでは、硬毛化しにくい医療レーザー脱毛機「メディオスター NeXT PRO」を導入しています。
この脱毛機は、蓄熱式という低い温度でじわじわ温めることで発毛組織を破壊するため、メラニン色素が少ない産毛でも熱のムラが生じにくい仕組みです。
ただし、単に硬毛化しにくい脱毛機を使うだけではなく、照射の技術力も必要です。
当院ではマリアクリニックグループで共有されている数多くの施術に関するデータをもとに、適切な判断を行っております。レーザーの出力や角度を臨機応変に調整し、丁寧に照射を行っていることが特徴です。

硬毛化の予防のために

硬毛化は、体質や生活習慣によっても発生確率は変わるため、完全に防ぐことは難しい状況です。そのため、予防よりは起きてしまったあとの処置が重要になります。
沖縄マリアクリニックでは硬毛化が起きた場合に、硬毛化した毛に対してレーザーの種類や設定を細やかに調整し、照射いたします。
最終的にはしっかりと永久脱毛が可能になりますので、ご安心ください。

医療レーザー脱毛の副作用③ 
毛嚢炎

脱毛による刺激によって、ニキビのようなものが脱毛部位に集中して発生する事があります。
これは「毛嚢炎(もうのうえん)」と呼ばれる症状で、デリケートゾーンやワキ、背中など皮脂腺の多い部位に発症しやすい症状です。
ニキビとの違いは、かゆみや痛みがないことや、中央に芯がない点です。

原因は、脱毛によってダメージを受けた毛包にブドウ球菌が感染することや、食生活の乱れやストレスなどがあります。
自己処理や脱毛後に保湿などのケアが不足していた場合もなりやすいですが、数日で症状は治まります。

毛嚢炎への対処

基本的には1週間程度で自然に沈静化します。痛みやかゆみがあるなど、重症化しなければ特別な対応は必要ありません。
万が一、発疹の範囲が広い・膨らんできているなどの症状が出てきた場合は、すぐにクリニックへご相談ください。

沖縄マリアクリニックでは、脱毛後に肌トラブルが起こった際は、再診料は無料で医師が診察をいたします。また、追加料金は不要で薬の処方を受けることもできます。
毛嚢炎ができやすいデリケートゾーンの炎症もご相談いただけるような、信頼していただけるクリニックを目指しております。

毛嚢炎の予防のために

毛嚢炎は、皮脂腺が多く不衛生になりがちな部位にできやすいので、脱毛後の肌を清潔に保つことで発症を予防することができます。
特に脱毛後は肌のバリア機能が低下しているため、汗などもこまめに拭きとることをおすすめします。

脱毛で副作用を起こさないために

医療レーザー脱毛で副作用を起こさないために

レーザーによる副作用をゼロにすることは難しく、同じ患者様でも脱毛回数や脱毛部位、ご体調や生活リズムによっても発症率が異なります。

沖縄マリアクリニックでは、なるべく副作用を防ぐための取り組みとして、「患者様とのカウンセリング」に力を入れております。当院のカウンセリングは一方的に脱毛に関するご案内を行う場ではありません。
一人一人に合わせた最適な脱毛施術を行えるよう、患者様の肌質や毛質、ご体調、脱毛に関するご希望などを正しく把握する場としてとらえ、副作用に配慮した脱毛施術に取り組んでおります。

また、当院は新宿、横浜、大宮、町田の首都圏で主に展開しているマリアクリニックグループの一つです。グループ院で培った豊富な脱毛の経験と知識を共有し、更なる技術向上に日々努めております。
医療レーザー脱毛の副作用について、ご不安なことがございましたらお近くのマリアクリニックへお気軽にご相談ください。

»マリアクリニックグループ院について詳しくはこちら

永久脱毛 詳細メニュー

ページの先頭へ戻る