診療の流れ

診療の流れ

カウンセリング

当院では、患者様のお悩みやご要望、症状を把握するためにカウンセリングを重視しております。カウンセリングで、患者様の考えを把握し理解を深めることで、より良い結果に結びつけることが可能になります。
患者様にご満足いただくために、カウンセリングに時間を惜しみなく使いますので、わからないことや不安なことは遠慮なくご質問ください。

治療の前の準備

1.マーキング

患者様の汗腺の位置を確認し、転写のできる特殊な医療用シートを利用して、ミラドライを照射するポイントに印をつけます。麻酔前に照射漏れのないように準備をしていきます。

2.麻酔

マーキング後、複数個所に麻酔注射を行います。元々麻酔は治療中の痛みを感じさせないために行うものでしたが、当院では、より治療効果をあげ、術後の副作用の軽減できるように独自の麻酔方法を行っております。
麻酔は脇の数ヶ所に注射し、5~10分後から治療を開始します。

治療スタート(マイクロ波照射開始)

マーキングを行ったポイントを目印にして、わきにミラドライのハンドピースを当ててマイクロ波を照射していきます。照射は片側20分程度で完了し、その後15分ほど患部を冷やして終了となります。
マーキングに沿ってハンドピースを当てると、皮膚を吸い上げ、マイクロ波が照射され、照射の際の熱によって汗腺を破壊していきます。

麻酔の効果とミラドライの冷却システムによって痛みを感じることはほぼありません。スタッフからも確認いたしますが、強い痛みを感じた場合はお申し出ください。 また、術後の痛みや違和感は個人差がありますが、なにかご不安な点があればこちらもお申し出ください。

治療後の状態について

1.治療後当日

ミラドライは手術と違い、ダウンタイムが短いです。そのため、入院する必要もなく、治療当日から日常生活を送ることができます。入浴もシャワーのみであれば当日から可能です。

2.翌日以降

激しく体を動かす運動などは控えて頂くようにしていますが、基本的には、通常通り仕事へ行くなどの生活を送ることが可能です。副作用として1~2週間ほど腫れが続くケースがありますが、一生残る傷ではありませんし、日常生活に支障をきたすことはありませんのでご安心ください。

ミラドライ 詳細メニュー

ミラドライの体験談