術後の経過について

術後の経過について

治療後のアフターケアまで万全なサポートをいたします

施術後から翌日の症状

治療後は汗腺付近の皮膚の内部組織がミラドライ照射の影響で軽いやけどのような状態になります。ミラドライ照射後15分程度患部をアイスパックなどを利用して冷やし、その後のはれ・痛みを軽減できるようにします。

当日からシャワーであれば入浴可能ですが、サウナや湯船につかったり、飲酒や激しい運動など血流が活発になるような行為は避けてください。またシャワーの際は強い力で脇を洗わないようにしてください。これらの行為は腫れ・痛みを悪化させてしまう可能性があります。

施術後一週間

腕を伸ばすと皮膚が張っているような感覚や、軽度の痛み、内出血の症状が出る場合もありますが、ほとんどのケースは軽症のものです。順調に回復していれば問題ありませんが、不安な点があるようでしたら、遠慮なくご相談ください。

施術後一ヶ月

一度ご来院いただき、検診を実施させていただいております。この段階でも軽く皮膚が引っ張られるような感覚が残っている場合もありますが、症状が回復していることを感じている場合は問題ありません。

施術後3ヶ月~半年

皮膚の引っ張り、痛み、腫れなどはなくなり、見た目は治療前の状態に戻っている場合がほとんどです。
ミラドライ治療は、治療後のケアを適切に行うことで、治療後の腫れ・痛みなどを軽減し、順調に回復することができることが臨床データからも確認されています。

ミラドライ 詳細メニュー

ミラドライの体験談