わきが・多汗症の基礎知識

わきが・多汗症の基礎知識

わきが・多汗症について

【わきがとは?】

わきがは医学的には「腋臭症」と呼ばれ、表皮の汗や雑菌と混じりわきの下から出る匂いが悪臭となってしまう状態のことを指します。
わきがは遺伝の傾向が強く、片親がわきがの場合50%、両方の場合は80%で遺伝すると言われています。また、欧米の80%の人にわきがの症状がみられるのに対し、日本人では10%程度と欧米に比べて少なく、それゆえに目立ってしまう傾向にあります。

【多汗症とは?】

気温の上昇などの環境に関係なく無数に汗をかいてしまうのが多汗症です。わきがと違い、匂い自体は気にならないですが、わきの下の黄ばみや現職のブラウスなどを着た時に汗じみができたりする症状です。
また、多汗症はわきのみにかぎらず、手足や顔にも起こります。

二種類の汗がわきが・多汗症のそれぞれの原因

多汗症の原因であるエクリン腺

汗には2種類があります。アポクリン腺という汗腺から分泌される汗とエクリン腺から分泌される汗の2種類です。
汗は体温の調節をする役割をしていますが、エクリン腺からでる汗がこの働きをしています。エクリン腺の数は人間の体に約数百万にのぼり、肉眼ではほぼ見えない小さい汗腺です。ここから出る汗は無色透明でほぼ臭いもありません。
しかし、表皮の雑菌と混じると夏場では一定の汗臭さはあります。
多汗症の人の場合、このエクリン腺からの汗が多く出てしまうことで汗を無数にかいてしまいます。

わきがの原因であるアポクリン腺

もう一つの汗腺であるアポクリン腺はエクリン腺のように数が多いわけではなく、肉眼で見ることはほぼありません。腋下、乳輪、外陰部、外耳道といった体の限られた部位に存在し、乳白色や若干黄色がかった色の汗を輩出します。この汗が皮膚の雑菌によって分解されると強い臭いとなります。わきがの悩みを抱えている人はこのアポクリン腺が多い傾向にあります。

わきがをどのように治療していくか?

わきがの原因であるアポクリン汗腺を切開して取り除く手術が主流でした。しかし、切開をすることで傷跡が残ってしまったり、術後に1週間程度圧迫固定が必要になってしまったりとデメリットな部分も多くありました。
そこで、当院ではわきが・多汗症治療でミラドライ治療を行っています。メスを使用せず、マイクロ波の照射熱で汗腺を破壊する治療です。しかし、臭いは脇以外からも出ているので、完全に無臭にはなりません。また、食生活によっても体臭は変化し、肉・乳製品主体の食生活が多い方は体臭自体が強くなることもあります。

においや汗の量のお悩みは感覚的・主観的な要素も含まれてきますので、ご自身の症状の状態や、人間そのものの体の仕組みを理解することが大切です。当院では患者様のお悩みを解消し、満足していただける結果を提供できるように十分な患者様の症状の把握と説明をしています。患者様と信頼関係の築けるクリニックで治療をされることをおすすめします。

ミラドライ 詳細メニュー

ミラドライの体験談