永久脱毛の仕組み

レーザーによる永久脱毛の仕組みをご紹介

当院では、永久脱毛の施術について一つ一つ知識や技術を蓄積しています。
そのノウハウの一つが、「レーザーによる永久脱毛の仕組み」です。

近年は脱毛する女性も増え、「レーザー脱毛は痛い」「エステの光脱毛は肌に優しい」といった声をしばしば耳にします。
しかし、痛みや肌への刺激は永久脱毛するためにはある程度必要となる熱です。光脱毛のような穏やかな熱だと、確かに肌を傷める危険性は低くなりますが、本来の目的である脱毛効果は低くなります。
クリニックのレーザー脱毛は強い熱による永久脱毛効果がある反面、脱毛後に肌の赤みやかゆみが出る場合があります。したがって、肌へのダメージをできるだけ少なくしつつ効果を落とさないよう工夫して治療を行っております。
この工夫の積み重ねがマリアクリニックグループのノウハウとなっています。

当院が蓄積している脱毛のノウハウの中から、レーザーによる永久脱毛の仕組みをご説明いたします。

レーザーは黒色に反応し、毛根を破壊

そもそもレーザーは、波長ごとに特定の色や物質のみに反応するという性質があります。その中で、永久脱毛効果の出せるレーザーには黒い色素(メラニン)に反応するレーザーが用いられており、肌の表面にレーザーを照射すると毛の黒色に反応して熱が発生します。
レーザーの熱エネルギーが毛根まで瞬時に伝わり、毛の細胞を破壊することによって、永久脱毛効果を得ることができます。

医療レーザー脱毛のしくみ

  • STEP1:レーザーを照射すると黒い毛にエネルギーが吸収されて毛根部分に集まります。黒い毛のみに作用するので、表皮や周辺の細胞にはダメージを与えません。
  • STEP2:毛を生やす中心部位である毛根の組織を破壊します。一旦破壊されてしまうと、そこから新たな毛は生まれません。
  • STEP3:毛根が破壊されると、毛は自然にするっと抜け落ちます。

最新理論!
永久脱毛は“バルジ領域”を断つことが重要

従来の脱毛理論では、毛根の細胞(毛母細胞)がレーザーで破壊されることで永久的に毛が生えてこなくなるとされていました。
しかし、近年の研究によると、毛母細胞を破壊することに加え、毛母細胞へ栄養を与えている「バルジ領域」という発毛幹細胞にダメージを与えることも永久脱毛に重要だということがわかりました。

従来の脱毛機器も毛根とバルジ領域を破壊する仕組みになっていますが、近年ではバルジ領域だけを破壊する機器も登場しています。

レーザーで毛母細胞とバルジ領域を瞬時に破壊

毛周期に合わせて効果的に永久脱毛

レーザーを1回照射しただけではその部位をツルツルにすることはできません。効果的に永久脱毛するためには、5,6回ほど毛周期に合わせて照射する必要があります。

毛には成長期、退行期、休止期の3段階で生え変わるサイクルがあり、これを「毛周期」といいます。毛周期のペースは部位によって異なります。女性の場合、毛髪は約4~6年、わき毛は2ヵ月程で一周します。

普段、私たちの目に見えているのは成長期と退行期の毛だけですが、レーザーが反応するのはメラニン色素を多く含む成長期の毛のみで、1回の照射で脱毛できるのは全体の20%程度と言われています。したがって、脱毛したい部位をツルツルにするためには、レーザーを複数回照射する必要があります。

当院では、毛周期や肌の状態、患者さまの体調等を考慮し、効果的にツルツル肌になれる永久脱毛施術をご提案しております。

発毛のサイクル・毛周期

ページの先頭へ戻る