脱毛の副作用

永久脱毛効果のあるレーザーには副作用がある!?

医療用レーザーによって重篤な疾患が発生するような副作用はございません。

しかし、まれにレーザーの熱による火傷や炎症がお身体への負担を引き起こすことがあり、脱毛による副作用はゼロではありません。今回は医療レーザー脱毛で起こりうる副作用とその対処法についてご紹介致します。

医療レーザー脱毛で起こりうる3つの副作用とは

1. 火傷による炎症(痛み、かゆみ、赤み)

医療レーザー脱毛では、レーザーが瞬時に高熱に変わることで毛根部を破壊して永久脱毛効果を得ることができますが、この高熱によって肌内部は火傷し、炎症を引き起こします。お身体への負担の程度としては、ヒリヒリとした痛みやかゆみ、赤みなどがあり、脱毛後1週間程度継続します。

こうした火傷による痛みやかゆみは、炎症を鎮静化する薬を塗布することで収めることができます。沖縄マリアクリニックでは、脱毛初日のお帰りの際にステロイド剤を無料で処方しておりますので、脱毛後の炎症がお辛い場合はこちらをお使いください。

また、火傷による不快感を軽減するためには、脱毛前に十分肌の保湿をしておくことも効果的です。乾燥した肌にレーザーを照射すると肌の水分が奪われ、さらに乾燥が悪化します。乾燥によってかゆみや赤みなどの炎症が起きやすくなってしまいますので、ぜひ脱毛前の保湿をしっかり行っていただければと思います。

2. 一時的な多汗症

ワキやVIOなど汗腺の多い部位の脱毛において、脱毛後に発汗量が増えたと感じる方がまれにいらっしゃいます。発汗量の変化について医学的な根拠はありませんが、原因として考えられるのは汗の流れやすさの変化です。体毛には汗を蒸発させる機能がありますが、脱毛によって体毛が減少すると汗が肌に触れやすくなりますので、これが汗をかきやすくなったと感じる原因ではないかと考えられます。

ごくまれに、脱毛時に汗腺が刺激されて実際の発汗量が増えることもありますが、このような症状は一時的なものなので、自然に収まります。その間、汗じみが気になる場合は、お手持ちの制汗剤や吸収パッドなどで対策を行っていただければと思います。

ただし、脱毛後しばらく多汗が続くようでしたら汗腺に問題が起きている可能性もございます。沖縄マリアクリニックでは多汗症治療のご案内もできますので、ぜひご相談ください。

3. 白ニキビ(毛嚢炎)

脱毛による刺激によって、白いニキビが脱毛部位に集中して発生する事があります。
これは「毛嚢炎(もうのうえん)」と呼ばれるもので、VIOやワキなど汗腺の多い部位に発症しやすくなります。毛嚢炎の原因としては、傷ついた毛包とブドウ球菌が感染することによる炎症や、食生活の乱れやストレスなどがあります。

毛嚢炎は軽度であれば自然に治ることもありますが、より早く治すためには外用薬や内服薬による治療が効果的です。また、毛嚢炎は汗腺が多く不衛生になりがちな部位にできやすいので、脱毛後の肌を清潔に保つことで発症を予防することもできます。

脱毛で副作用を起こさないために

レーザーによる副作用をゼロにすることは難しく、同じ患者様でも脱毛回数や脱毛部位、ご体調や生活リズムによっても発症率が異なります。

沖縄マリアクリニックでは、副作用を起こさないための取り組みとして、「患者様とのカウンセリング」に力を入れております。当院のカウンセリングは一方的に脱毛に関するご案内を行う場ではありません。一人一人に合わせた最適な脱毛施術を行えるよう、患者様の肌質や毛質、ご体調、脱毛に関するご希望などを正しく把握する場としてとらえ、副作用などのリスクを極力減らせるよう取り組んでおります。

以上、脱毛後に起こりうる副作用についてご紹介致しました。レーザー脱毛の副作用に関してご不安なことがございましたら当院へお気軽にご相談ください。

永久脱毛 詳細メニュー

ページの先頭へ戻る